家出掲示板の娘

思い出すのも恥ずかしいとんでもない経験をしてしまいました。いま、自分の居場所というものがなくて動揺しています。どうして今さらこんな目にあわなければならないのか皆目見当もつきません。
理由はわかっているのですが、どうしても納得することができないのです。かと言って、溜りにたまった不安とストレスをぶつける相手もいません。ホントに途方に暮れています。これからどうすればいいんだか。
実は、ここ数日、家出して家族にも連絡せずに、家にも帰っていません。家出掲示板で見つけた優しい神様の家に泊めてもらってます。
親と数日前に大喧嘩をしました。いや、喧嘩ではなく、一方的に責められたのです。ほとんど話もしない父親が軽蔑したような顔で私を見ていました。私は、親にとってはできの悪い子供なのです。
これから、私は、家出してどうなるのか、全くわかりません。こんな事になるのは少し考えればわかったはずなのに、勢いで家出してしまいました。家を出てみると、自分は無力な人間だなあとあらためて思います。
今まで、親に育ててもらっていたのです。まあ、すねかじりですね。
家を出るきっかけは半年前のことです。
その日はバイトが終わったあと飲み会があり、夕食は豪勢なイタリアンでした。といっても、接待の経験がある人ならわかると思いますが、相手に気を使い、場を盛り上げる話題を考えながらでは、どんな食事もうまくはないものです。 ゆっくり味わって食べれないから。その口も、ともかく相手を退屈させないようにすることばかり考えていました。
しかし、相手は十分に楽しんでくれたみたいで、喜んで帰ってくれました。そして実際、その接待のおかげで成立するかどうかわからなかった契約が、無事に結ばれたのです。
その結果に店長も満足してくれました。 そして、機嫌よく家に帰ったのですが、親の機嫌が悪くてからんできたのです。それで大ゲンカです。そのまま家を飛び出して今の人の所に転がり込みました。
彼は優しく、いつまでも居てもいいよと。そんなことまで言ってくれました。素直にうれしかったです。
それまでも彼とは、ラブホでセックスしたことはありましたが、その夜はいつも以上に興奮しました。
窓のブラインドを全部下げて、小さな明かりだけにして、ブラウスのポタンをはずしました。ブラを上にずらすと、Eカップのバストがおもむろに飛び出してきました。
乳首にむしゃぶりつきながらスカートをまくり上げてアソコにさわると愛液で濡れていました。
シルクのパンティを脱がせてテーブルに座らせると、そこに顔を埋めました。汗まみれで臭っていたはずです。それでもかまわず舌を這わせて舐めまわしました。
クン二が大好きな男は、大きく足を広げてぼくの頭をそこに押しつけました。クリトリスを舐めながら指を中に入れて出し入れすると、感じまくりました。
彼に主導権を取られるのは、家出中の私にとっても大きなマイナスです。帰る場所が無いのですから。泊め男の彼は、管理職も夢ではないほどの実力派なのに、女の上司と社内セックスが会社にばれてクビになったそうです。
家出少女を家に泊めたとなれば、彼の経歴もそこでストップでしょう。
そのへんのことは彼もよくわかっていたようです。
そう言いながら、彼はズボンの前を開き、遠慮なしに自分のモノを思いっきり出しました。それは、まだ半立ちくらいの状態でした。
彼はそれを私の顔の前に持ってきてフェラを懇願してきました。私はフェラは嫌だったんです。こう見えて少し潔癖なところがあってフェラだけは、どうにも受け入れることができませんでした。
彼氏なら別ですけどね。愛情が無いと絶対に無理です。前もそういったのに彼は執拗に要求してきます。神待ち娘の弱い立場では、断りきることもできずに渋々従いました。
苦い味を今でも覚えています。


家出掲示板で、偶然知り合った2人男性と意気投合しました。彼の家で飲んでいると高級ワインを運んできてくれて、口移しで私に飲ませてくれたりしました。
その流れは、とまどうヒマもないほど、ものすごく自然な流れでした。かなり女性の扱いに慣れている感じです。2人が事前に打ち合わせでもしていたのか、大人だからなのか、3人でそんなことをしているということに、まったく違和感を覚えなかったんです。
それどころか、彼らの作る雰囲気に飲み込まれた私は、すっかり体の力を抜いて、シャツ上から胸を揉みしだく手の感触や、ひざまずいて脚にキスをしながらストッキングを脱がし始めた男の愛撫に、あっという間に身悶えしていました。
家出していろんな男の家に泊まりましたが、これほどのテクニシャンは、初めてです。すぐにアソコが濡れたのが分かりました。股間の湿度はMAXです。
そんなふうに直前でじらすのは、彼の得意技。私が、ほしくてほしくて我慢できなくなって、自分からおねだりするのを待っているんです。
女性経験が多くないとできない芸当です。
興奮しすぎて、恥じらいも無くしていた私は、2人の手で服を?ぎ取られ、抱えられながら広いお風呂場に連れて行かれました。
お風呂でのセックスは、初めてでした。今までは、彼氏とも恥ずかしくて断っていたのです。でも、その時は気持ちよすぎて断る選択肢はありませんでした。 風呂場では、立ったままの家出娘の私の汚れた体に、泡だらけの手が4本伸びてきて、ねっとりと絡みついてきました。
石鹸のぬるぬる感がさらに気持ちよさを増していきました。俗に言うローションプレイと言うものなのかもしれません。
2人に大きくはないけれど形がよいとほめられるバストが、マシュマロケ?キのように泡まみれにされ、片方ずつ2人の手でソフトそして時には、激しくもまれました。
そして皆から、幼い顔に似合わずムッチリしていて色っぽいと言われるお尻には、力チカチでビンビンのぺ二スが押し当てられ、こすりつけられてきました。
もう絶頂を迎えそうでした。
そして、どちらの手かわからないけれど、充血しているクリトリスを、泡をつけた指先で転がされ、感じすぎてしまった私は脚をガクガクさせながら、絶え間なく襲いかかってくる快感に、大きな声で喘ぎ声を上げ続けました。
男の優しい愛撫に悶えながら、夢中でもう一人の男をフェラチオしいると、さらに硬さが増して大きくなりました。
そして、お尻に突き立てていたペニスをヒクヒクさせていました。ムズムズしていた膣の中のヒダを引き裂くような勢いで、挿入されそうでした。
こんな経験ができるのは、家出掲示板だけです。あとくされが無い他人ですからね。知り合いだとどうしても恥じらいが出るんです。 テクニシャンの男が腰を突き上げるたびに、お湯が激しく波打ち、フワフワと浮いている私の体は股間ばかりか、全神経を強く、優しくいたぶられ、激しく忘れられないような刺激を継続的に与えられながら、底知れぬ快楽の世界へと自然と誘われていったのです。
指先でクリちゃんを刺激されながらペニスを突き立てられているうちに、私は今まで経験したことが無いレべルの頂点に達してしまったのでした。
震えの止まらない私の汚れた裂け目は、亀頭を思いっきり締め上げたまま、放そうとしませんでしたが、彼は私の体を気使って、射精をこらえてくれていました。
彼は、射精をコントロールできるようです。
私は恍惚としながら、それでもまだ満足していませんでした。私の絶頂は一度では終わないんです。最低でも3回は行きたいんです。
これは、家出して神待ちする間に何人のも男に抱かれて満足するハードルがだんだん上がってきたのです。
風呂場でのエッチが終わって、ていねいに体をふいてもらった私は、今度はベッドに寝かされました。
男3人がゆうゆうと寝れると思われるベッドは、3Pには十分すぎる大きさでした。家出掲示板

家出する若者が多いようです。世知辛い世の中ですね。
家出女子高生

世の中は、春も近いと言うのに気温は、冬ですね。雪も降ってますが、いつになったら春になるのでしょうか?
異常気象ですね。そんな時に家出している私の心はもっと寒いです。
今、ネットカフェでテレビを見ています。ここは暖かいけどなんか空気が悪いと言うか落ち着きませんね。
こんなところにずっといたらすぐに病気になるでしょう。 でも、家出したらとりあえずネットカフェに来るのは、私の定番です。ここで、ネットの家出系のサイトで神様、いわゆる泊めてくれる男を探すわけです。
私は、あまりかわいくないので、なかなか見つかりません。大体写メで判断されますからね。 ホント、かわいい娘はこんな時も得です。だから、いきなり泊め男を探すのではなくて、ネットカフェに初日は止まるのです。
ネカフェもあまりに遅くなると満員の時がありますからね。特に世知辛い都会は。
そんなこんなで、今の所まだ、神様は見つかってません。
明日もネカフェかもしれませんね。そうやって4日連続で泊ったことがあって、風邪ひいてそのまま家に帰ったことがあります。
もう、最悪です。風邪でしんどいのに、親には延々と怒られるは踏んだり蹴ったりです。
こういう時、いつでも泊れる神様がいれば安心なんだけどな。そんな人は見つかってません。